副作用は?安心・安全の裏付けを解析

育毛剤等は直接肌に塗布する物なので肌荒れやかぶれが発症しないかが大変気になることだよね!

それぞれのメーカー・商品は安全性について検査を行っています。

そこで、チャップアップは以下の検査(テスト)実施して、安心・安全を第三者機関が証明しています。

ご安心してご利用いただけますよ!

医薬部外品の育毛剤「チャップアップ(CHAPUP)」

 

24時間閉塞パッチテスト

24時間単回皮膚接触による一次刺激性を確認し、皮膚科専門医が判定、スコア化します。

基準をクリアした場合、「パッチテスト済み」を謳うことができます。

 

パッチテストとは、簡単に説明すると皮膚アレルギー反応が有るか無いかを調べること。

 

特に肌に接触する可能性がある商品(化粧品やヘアカラー、毛染めなど)では徹底されている。

人によっては敏感な方も多々おられるので、多くの被試験者を対象として行われている。

 

直接皮膚に塗ってかぶれたり、アレルギー反応が起こることを事前に調べる最も有用な試験である。

対象の商品としては化粧品、繊維製品、ゴム素材などの製品で行われている。

安全性試験として、24時間単回皮膚接触による皮膚反応を判定する試験です。

(48時間貼付も可能)

 

被験者  被験者基準を満たす日本人女性のスティンガー

被験者数        20名

試験期間        3日間

観察時期        24時間閉塞パッチ後、剥離60分後、剥離24時間後

表示可能項目    パッチテスト済み

敏感肌対象パッチテスト、「定期敏感肌対象パッチテスト」と「通常の敏感肌対象パッチテスト」があります。

「定期敏感肌対象パッチテスト」は、予め定められた日程に行われている。

 

低スティンギングテスト

かゆみやヒリヒリ感を評価する感応性テストである、

皮膚科専門医が判定、スコア化する。

基準をクリアした場合、「スティンギングテスト済み」「低刺激性」「刺激が少ない」を謳うことができる。

スティンギングとは「ぴりぴり感」を意味し、他にヒリヒリ、ツッパリ感、かゆみなど通常紅斑や浮腫のような炎症性症状は伴わず、一過性に消失する反応を見るテストです。

 

被験者  被験者基準を満たす日本人女性10名

スクリーニング  ネガコンを用いて皮膚刺激を感じやすいスティンガーを選抜

試験デザイン    自己申告による感覚刺激評価(単回)

判定基準        4段階の評価基準にもとづき、パネラー自身が評価

貼付場所・貼付期間      頬部に被験品を塗布し、塗布後の刺激感をパネラー自身に評価させる

評価方法        4段階の評価基準   ※感覚刺激の自己診断をスコア判定

表示可能項目    スティンギングテスト済・低刺激

 

RIPT(累積刺激性及び感作試験)

ヒト連続刺激パッチテスト。いわゆるアレルギーテストです。

基準をクリアした場合、「アレルギーテスト済み」「累積刺激テスト済み」を謳うことができる。

肌に接触する可能性がある商品すべての、刺激性の有無を判定する。

24時間閉塞パッチの連続刺激を6週間にわたり観察し皮膚反応を皮膚科医師による総合評価によって判定する試験である。

繰り返し被験品を貼付する試験であることから被験者の安全性確保及び倫理的観点から、

「日本人被験者を対象としたパッチテスト(24時間閉塞貼付、被験者20名以上、皮膚科医師による判定)が済んでおり、結果が「安全品」であること)が試験を受託する条件となる。

 

被験者  被験者基準を満たす日本人男女

被験者数        50名

試験期間        38日間

第1観察期      22日間(24時間閉塞貼付×9回)

休息期  13日間

第2観察期      3日間(貼付前、(24時間閉塞閉塞貼付)剥離60分後、剥離後24時間後)

表示可能項目    累積刺激性テスト済み・アレルギーテスト済み

補足    皮膚科医師による総合評価によって判断

検体の必要量    約100g(不織布などのシート状のものは合計50cm×50cm程度)

 

放射性物質検査

一般財団法人日本食品分析センター

これは東日本大震災で福島第一原子力発電所の事故により、食品・水道水、大気・海水・土壌等から事故由来の放射性物質が検出され、住民の避難、作付制限、飲料水・食品に対する暫定規制値の設定や出荷制限といった施策が採られた。

その後も定期的に検査が行われ安全が確認され、全ての制限が解除されつつある。

これらのことで放射線物質の検査が注目を浴びている。

 

放射性物質は自然界や日常生活の中にもごく微量に含まれているが、日常生活においては全く問題のないレベルの濃度である。

しかし、原子力発電所等で使用されている核燃料が漏れ出したりする際には、周囲の環境においても「高濃度」で「数十年単位の長時間」検出されることがある。

(核燃料のウランやプルトリウムが壊変しヨウ素131やセシウム137等が産生)

これらの放射性物質は生体や環境に様々な影響を与えることが知られている。

現在、放射性物質濃度については品目によって残留基準値が定められており、基準値を上回る放射性物質を含んだ食品については流通が禁じられている。

基準値は食材毎のADI(一日摂取容量)を考慮してかなり低く設定されており、長期間食べ続けることで影響を及ぼす可能性がある濃度とされている。

放射性物質濃度は拡散地域からの距離等で一概に推定できず、

 

土壌から作物への推移、食物連鎖による濃縮など、今後も長いスパンで、監視し続けていくことが必要になる。

ただし、影響の無い食材までも廃棄することや、風評のみで食品を倦厭することは好ましくない。

育毛剤で放射性物質検査は適用外のように思えるが安心だ!。

安全のために実施されている。

お求め方法

今ならお待たせすることなく

「チャップアップローション」をお届けします。

 

男性用育毛剤Web売上4年連続No.1の信頼!

 

ローション1本定期便

7,400円(税込)

(2回目以降も同額です)

特典

・全額返金保証(初回購入時)

・定期縛りなし(1回でも解約OK)

 

ウルトラ定期便(育毛ローション+サプリメント)

ずっと43%OFFの9,090円(税込)

2回目以降の9,090円(税込)

特典

・全額返金保証(初回購入時)

・定期縛りなし(1回でも解約OK)

公式サイトはコチラから

 

医薬部外品の育毛剤「チャップアップ(CHAPUP)」

 

 

ホームに戻る