ワカメなどの海藻は髪の毛に良い!

話題

昔から髪の毛に関する噂話が沢山ありますが、果たして本当なのだろうか?

今でも、信じている人は少なくありません。

代表的な「髪の毛に関する俗説」について調べてみました。

髪の毛に関する俗説

ワカメなどの海藻は髪の毛に良い!

日本人の約3人に一人がハゲになると言われています。

そんな時にワカメなどの海藻を食べると良いと言われたので、今も気にして食べるようにしています。

ところが、妻に言わせると、そんなのなんの根拠もない噂話だよ!と言う。

果たして、どちらが本当なのか詳しく調べてみました。

結論から言うと、妻が言う通り根拠のない俗説であるということが判りました。

その他にも

今なら、43%OFF、全額返金保証付き

 

ヘアブラシで軽く叩く!

1980年代に「ヘアブラシで軽く叩くと脱毛予防になる」という育毛剤のCMが放映されました。

その製品は大ヒットしたため、今なお信じている方が大勢います。

こちらも根拠はないようですね。

 

辛いものを食べるとハゲる

昔からよく聞く「辛いものを食べるとハゲる」という説。これって実際にあるのだろうか?

辛いものと薄毛との関係性をきちんと調べた人はいませんが、唐辛子の辛味の主成分・カプサイシンは、髪の毛の成長を機敏にする「IGF-1」の分泌を促進するため、理論的には髪の毛に良さそう。

これは、実際に臨床実験はしていないため、断言はできないものの、可能性としてはあり得ると言う。

この俗説は反対だった!

 

薄毛の人は精力絶倫

薄毛とシモネタを結びつける俗説もたくさんあります。

薄毛と男性ホルモンに関連があることからこんな俗説が生まれるのでしょうが、薄毛の人にとっては迷惑な話です。

飛躍しすぎ。単なる偏見にすぎません。

 

薄毛(ハゲ)の遺伝する

細胞の中にある染色体は、男性が「XY」、女性は「XX」という組み合わせを持っていて、男性は、母親のX染色体と父親のY染色体を受け継ぎます。

染色体には、親の遺伝子情報を子に引き継ぐ役割があるのですが、X染色体は薄毛の遺伝子を持つことがわかっています。

つまり、母親に薄毛の人がいれば、子にもその遺伝子が引き継がれてしまうということです。

母方の祖父・曽祖父ともに薄毛ならAGA発症の確率はかなり高い。

具体的な確率としては、母方の祖父が薄毛の場合で75%母方の祖父と曽祖父ともに薄毛の場合で約90%と言われています。

これは本当の話でした。

男性型脱毛症(AGA)について

成人男性のおでこの部分やつむじの毛が一定のパターンで薄くなる、いわゆる「ハゲ」は、男性型脱毛症(AGA)と呼ばれる症状です。

早い人では20歳頃から始まり、加齢とともにその数は増え、日本人の場合、40代になると約3人に1人が発症します。

AGAに関する科学的研究はこの20年で急速に進みました。

その発症原因は男性ホルモンの作用によるもので、発症確率はほぼ遺伝で決まることが判明しています。

結論、薄毛でお悩みの方はWeb売上NO.1チャップアップ育毛剤がお勧めです。

試してみてください。今なら43%OFF、全額返金保証付きです。


 

頭皮や髪の毛に関するアンケート結果はコチラ

 

なんで、そんなにお肌が綺麗なの?はコチラ

 

フケと抜け毛対策で、お見合い33回目で成功はコチラ

 

お父さん、最近カッコイイ!はコチラ

 

朗報!ハゲていても恋愛対象となる!はコチラ

 

 

ホームに戻る


コメント