高齢者に多い壮年性脱毛症とは?

原因と対策

加齢と共に薄毛が目立つ、壮年性脱毛症が気になっている方は多いのではないでしょうか。

正しく対策することで将来的に薄毛を抑えられる可能性があるため、それぞれの特徴や違いについて確認しておくことが大切です。

年齢問わず薄毛が気になった時が、外用剤のはじめ時です。

発毛剤や育毛剤は最終手段と身構えずに、早めに利用を開始することで薄毛の進行をより遅らせることができる可能性があります。

AGA・男性型脱毛って何ですか?

頭皮が見えるくらいの極端な抜け毛現象で、圧倒的に男性に多く起こります。

若年性と、壮年性に分けることができますが、双方合わせ「AGA」や「男性型脱毛症」と呼ばれています。

最大の特徴

AGAの最大の特徴は、髪の成長期が短くなることです。

短縮化した成長期のあとには、退行期、休止期がやってきますから、生まれた髪が早く抜けてしまうわけです。

そもそも、休止期の髪が抜けるのは、正常なことですが、成長期から休止期までの一連の周期がみだれてしまうと、頭皮に出ている髪の量にも変化が現れます。

一旦、発毛バランスが狂うと、生まれた毛が細く弱々しくなっていくのも特徴です。

末期的には、うぶ毛状になり、やがて再びそこからは発毛しなくなります。こうして、頭皮が露出し薄毛は進んでいきます。

 

薄毛には、一定の進行パターン

薄毛には、前頭部の生え際から後退していく「M型」と、頭頂部から薄くなっていく「O型」です。

この行程を分類した「ハミルトン・ノーウッドの分類」と呼ばれる薄毛進行の目安があります。

lからVll型まであり、数字が大きい程薄毛の程度はすすんでいます。

必ずこの通りとは限りませんが、チェック指標として広く用いられていますので、ここに紹介しておきます。

 

壮年性脱毛症とは?

壮年性脱毛症とは、思春期以降に見られる脱毛症状で、薄毛の範囲が広がっていくことが特徴です。

壮年性脱毛症とAGAの違いは?

壮年性脱毛症は、AGAに分類されます。

つまり、どちらも同じものと考えてよく、そのため、原因や対策も共通しています。

 

抜け毛のメカニズム

(1)男性ホルモンのテストステロンが頭皮の5αリダクターゼと結びつき、ジヒドロテストステロンに変化する

(2)ジヒドロテストステロンが頭皮の毛乳頭細胞のアンドロゲンレセプターに取り込まれる

(3)脱毛を引き起こすシグナルを出す

(4)髪の成長期が短縮され、短くて弱々しい髪が増える

(5)前髪の生え際や頭頂部の髪が薄くなる

(6)放置すると薄毛の範囲が広がる

髪は、毛周期と呼ばれる生え変わりのサイクルにより、発毛と脱毛を繰り返しています。

髪が伸びる成長期、成長が止まる退行期、脱毛の準備が進む休止期を経て脱毛します。

壮年性脱毛症になると成長期が短縮されるため、十分に育っていない髪が増えるのです。

正しく対策を行えば薄毛は改善できます。

生活習慣で改善できること

 

睡眠不足の改善

睡眠不足によるストレス、また本来なら寝ている間に分泌されるはずの成長ホルモンが足りなくなったりすると薄毛の原因となります。

7時間~8時間を目安に睡眠時間を確保するようにしましょう。

 

運動不足の改善

運動不足の方は血流循環が悪化している方が多く、髪に必要な栄養素が頭皮に届いていない可能性があります。

そのため、普段から適度に体を動かすことが必要です。激しい運動をする必要はありません。

お風呂上がりのストレッチや、一駅手前で電車を降りてウォーキングなど普段できる運動を考えてみましょう。

 

食生活の改善

不規則な生活をしている人ほど、回復力がついていなくなってしまいがちです。それは頭皮も例外ではありません。

ファストフードやインスタント食品を避けて、身体に良い食生活を心がけましょう。

可能であれば、健康な髪の毛を作るのに欠かせないタンパク質やビタミン、ミネラル、亜鉛など、髪の毛と頭皮の栄養となるものを積極的に摂取することをおすすめします。

 

具体的な食品の例として、タンパク質とビタミンB群は肉類や魚介類、亜鉛はレバーやあさりに多く含まれます。

食事のメニューを考える際はぜひ参考にしてみてください。

 

ストレスの改善

抜け毛や薄毛の原因の一つにストレスが関係しています。

ストレスを感じると、交感神経が活発になり血管が収縮し血流が悪くなります。結果、頭皮や髪の毛に十分な栄養が行き届かなくなり、髪の毛が栄養不足となるのです。

 

また、ストレスによる睡眠不足は、健全な髪の毛の成長を阻害する可能性があります。

これは睡眠不足によってホルモンバランスが崩れ、成長ホルモンの分泌に異常が起こるためです。

このように、ストレスは薄毛の促進する可能性があります。日頃からストレスをため込まないように、自分なりのストレス発散方法を持っておくといいでしょう。

 

タバコ・お酒を控える

喫煙することで、血管を収縮させてしまいます。血管が収縮すると血行が悪くなるため、髪の毛に必要な栄養を頭皮に届けにくくなってしまいます。

 

しかしタバコは依存性があるため、きっぱりやめられない場合は無理のない程度で本数を減らしていきましょう。

 

適量のお酒なら、血行を促進してくれるため摂取しても問題はありません。しかしお酒を大量に摂取してしまうと、皮脂の過剰分泌につながる可能性があります。皮脂が増えすぎると、毛穴詰まりの原因となって髪の毛が成長しにくい環境になってしまうため注意が必要です。

 

ヘアケア商品の見直し

30代以上になると、肌が乾燥しやすくなり、刺激に敏感になってくるといわれています。そのため年齢に合ったヘアケア商品を使うことが大切です。

20代のころと同じようなヘアケア商品を使うのではなく、今の頭皮にあったものを選ぶようにしましょう。

まずは、1番身近なヘアケアであるシャンプーから見直すことをおススメします。

普段、何気なく使っているシャンプーも薄毛の原因になりうるかもしれません。

薄毛が気になり始めたら、頭皮に潤いを保ちながら洗い上げるシャンプーを使うのがおすすめです。

また、シャンプー方法にもコツがあります。

一日のうちに何回もシャンプーをすると、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。保湿に必要な皮脂を洗い流さないためにも、一日のシャンプーは多くても一日二回程度に抑えましょう。

 

その際、シャンプーをきちんと洗い流すことがポイントです。頭皮にシャンプーの成分や汚れが残ると、刺激になったり細菌が繁殖したりして髪の毛の成長を妨げてしまうため、すすぎ残しがないように注意しましょう。

 

シャンプーをする際は、頭皮を傷つけないように、指の腹でやさしく洗ってください。

爪を立ててゴシゴシと力強く洗うと頭皮を傷つけてしまいます。

 

すすぎ洗いをする際も、ゴシゴシと洗うのではなく、丁寧にやさしく洗い流すようにしましょう。

 

正しいシャンプー方法は

以下の手順を参考にしてみてください。

1.シャンプー前の予洗いで頭皮や髪に付着した汚れを洗い流す

2.手のひらでシャンプーを泡立ててから頭皮につける

3.指の腹を使用して頭皮をマッサージするように洗う

4.髪は泡で包み込むように洗う

5.頭皮にシャンプーを残さないように丁寧に洗い流す

 

発毛剤・育毛剤を使用する

「若いうちから発毛剤・育毛剤なんて…」と敬遠している方も多いのではないでしょうか。しかし、薄毛の進行は毎日進んでいます。

発毛剤は壮年性脱毛症の方が、髪の毛を生やすために使用する第1類医薬品です。

また、育毛剤は「髪の毛を育てる」もので髪の毛を生やす効果はありません。ですが、どなたでも使用できる抜け毛予防になります。

若いうちから始める健康な頭皮環境を手に入れましょう。

年齢問わず薄毛が気になった時が、外用剤のはじめ時です。

発毛剤や育毛剤は最終手段と身構えずに、早めに利用を開始することで薄毛の進行をより遅らせることができる可能性があります。

 

お求め方法

今ならお待たせすることなく

「チャップアップローション」をお届けします。

 

男性用育毛剤Web売上4年連続No.1の信頼!

 

ローション1本定期便

7,400円(税込)

(2回目以降も同額です)

特典

・全額返金保証(初回購入時)

定期縛りなし(1回でも解約OK)

 

ウルトラ定期便(育毛ローション+サプリメント)

ずっと43%OFF9,090円(税込)

2回目以降の9,090円(税込)

特典

全額返金保証(初回購入時)

定期縛りなし(1回でも解約OK)

公式サイトはコチラから 

育毛剤の副作用!こんな症状が出たら注意はコチラ

 

抜け毛・薄毛対策に頭への血流改善運動はコチラ

 

男性特有のAGA対策についてはコチラ

 

乾燥時期の髪のパサつき改善はコチラ

 

髪の毛が増える 増毛町へようこそはコチラ

 

 

ホームに戻る


コメント